スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インシテ……

劇場版のインシテミルを観に行ってきました。
原作だけで済ますつもりだったんですけどねー。
サブタイの「七日間のデスゲーム」に物凄く嫌な予感がしたので、それを確認したかったんです。

以下ネタバレ(映画、小説ともに)なので注意。



結論から言うと、嫌な予感は大当たり。
ただ殺し合いをするだけの作品になっていました。
インシテナイです(´・ω・`)


原作では、主人公の結城が投獄されたことによって「クローズドサークル内」から「クローズドサークル外」の視点になって話の方向性がガラリと変わるわけですが、映画では一切無し。
他にも、自作自演で犯人+助手+探偵ボーナスを得る場面や、解決時に論理よりも場の流れが優先されたりという場面もありませんでした。(解決自体はあったけど無茶苦茶なだけ)

人工的なクローズドサークルであるがために、登場人物が本来成し得ない「作品の外枠への関与」が行われる。
これが最大の特徴にして面白さの源だと思っています。
が、まさかの完全カット。空前絶後のバッサリ感。

上記以外にも、ルール説明があまりにも雑だし、ボーナスも何の役割も果たしていないしでガッカリ。
凶器に関しても、ロクに確認しないわ、被害者が持っていた分をどうしたのか明言されていないわで、もう誰が何を持っていようがどうでもいい状態です。
原作の特徴を全部取っ払っちゃってますね。
そりゃただのデスゲームになるってもんです。


書き出して改めて思いました。
インシテミルを土台にした意味が全く分からない。
う~ん……。
登場人物の性格や凶器、犯人役なんかも変更されていましたが、原作殺しに拍車をかけているだけでした。
原作通りだったのはもはやタイトルぐらいしかないんじゃなかろうか。
映画を観てこんなに複雑な気持ちになるのは初めてだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くま公

Author:くま公
冬ごもりしないでゲーム三昧。
アクション・RPG・アドベンチャー・格闘、たまにレースやリズムゲーム……なんでもやるよ!
BBクロノファンタズマ
デビュー!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
お世話になってる方や相互リンクしてくださった方、あと趣味のサイトです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。